読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアも楽しむ ITライフ

シニアこそ “ネット” を活用し生活を楽しみましょう!

ITの進歩は速く、シニア・シルバー世代は苦手と言われます。しかし、シニアになった今、 「シニア・シルバー世代こそ、田舎生活ほど、ITって役立つのではないか」 最近、つくづく思います。このブログは、シニアになってもインターネットを楽しんでいる”ガンコ親父”の日記ブログです。

使っている”ブラウザ”は最新版ですか? 最新版かどうか確認し更新しましょう!

サイバー攻撃を行う攻撃者が対象とするのは、利用者が多いソフトです。

Internet Explorer(以後、IE)、ChromeFirefoxなどのブラウザも、狙われやすいソフトの1つ。攻撃者が狙うのは、ソフトが持っている脆弱性(ぜいじゃくせい)、つまり、ソフトの弱点、不具合です。

そのため、ブラウザへの攻撃を防ぐためには、ブラウザを最新版にすることが必要です。

なお、ブラウザはインターネット利用時には常に使うソフトで、いつ攻撃を受けるか分かりません。安心してインターネットを使うために、ぜひともブラウザは最新版に更新
することが必要ですね。

私が使っているブラウザはメインがFirefox、サブがChrome、時々IEなので、FirefoxChromeは自動更新にして(Chromeは何をしなくても自動更新)、IEWindows Updateで毎月更新しています。

 

今回は、パソコンでのIEChromeFirefoxを最新版に更新する方法を紹介します。なお、スマホでのブラウザ更新は、”アプリ自動更新”で実施するのがオススメです。下記を参照下さい。

 スマホを安全に使うための”アプリ自動更新設定”のすすめ
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2016/12/blog-post_20.html

 

なお、2016年4月以降、Windows XP/Vistaでは最新のIEが使用できず、Chromeのサポートも打ち切られています。OSも古いままにしておくと危険ですね。


■ブラウザと共にFlash Player、Acrobat Readerも最新版に

なお、ブラウザを最新版に更新すると共に、ブラウザが使う、狙われやすい、①動画閲覧ソフト「Flash Player」、②PDF閲覧ソフト「Acrobat Reader」も最新版に更新してください。

Flash Player」、「Acrobat Reader」の更新方法は以下を参照にしてください。

 動画閲覧ソフト「Flash Player」を最新版にする方法
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2015/07/flash-player.html

 「Acrobat Reader DC」への変更が急務!
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2016/01/adobe-reader-x201511acrobat-reader-dc.html



■ IEを最新版に更新する方法

2016年1月12日以降は、IEのサポート対象は、各Windows OSで利用可能な最新版のみになっています。

ブラウザがサポート外になると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、ウイルス感染や情報漏えいに会う確率が高くなり、とても危険です。ぜひ、サポート対象のバージョンを使ってください。

 

Vista SP2はIE 9のみがサポート対象、
・それ以外のOSでは、IE11、Edgeのみがサポート対象になり、

それ以外のIEバージョンはサポート外になります。

 

 サポート継続バージョン

 Vista SP2     ・・・IE 9
 Windows7 SP1   ・・・IE 11
 Windows8.1 Update ・・・IE 11
 Windows10     ・・・IE 11、Microsoft Edge


■まずはIEがサポート範囲のバージョンか確認しましょう

IEのバージョン確認方法]

Internet Explorer を起動します。

② [ヘルプ] メニューから [バージョン情報] をクリックします。

[ヘルプ] メニューが表示されていない場合は Alt キーと H キーを同時に押すと、[ヘルプ] メニューが表示されます。

Internet Explorer のバージョン情報の一行目を確認します。


■次に、使っているIEがサポート外の場合は最新版を入手

Windows OSで利用可能な最新版を、以下のサイトで入手して、インストールしてください。

Internet Explorer:ダウンロード
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/download-ie


■次に自動更新される設定になっているか確認しましょう。

なお、IEの自動更新設定は、Windows Updateを実施したときに、IEに更新内容があれば自動更新する設定です。

IEは、ChromeFirefoxのように個々に更新されるのではなく、”毎月”のWindows Updateで実施されますので、ChromeFirefoxに比べ、更新は遅くなります。


IEの自動更新設定の確認(IE11の場合)]

Internet Explorer を起動します。

② [ヘルプ] メニューから [バージョン情報] をクリックします。

[ヘルプ] メニューが表示されていない場合は Alt キーと H キーを同時に押すと、[ヘルプ] メニューが表示されます。

③バージョン情報のミニ画面で、”新しいバージョンを自動的にインストールする”に✔をいれる。

f:id:yougo-school:20161225185556j:plain


■ Chromeを最新版に更新する方法

古いOSでのChromeのサポートは終了。2016年4月以降は、WindowsだとWindows XPWindows Vistaは、更新プログラムやセキュリティ修正が適用されませんので、注意下さい。

Chromeの最新版への更新は自動的に行われますが、Google Chrome を手動で最新版に更新する方法は以下です。

Google Chrome を開いて、右上のマーク(棒が3本の表示)をクリックする。

②ヘルプから[Google Chrome について]を選択する。

③自動でアップデートの確認が始まり、最新版になります。

f:id:yougo-school:20161225185706j:plain

 もし、Chromeが、数年前などかなり古いバージョンの場合は、以下で最新版を入手してインストールしてください。

Chromeブラウザ:ダウンロード
https://www.google.com/chrome/browser/desktop/index.html



■ Firefoxを最新版に更新する方法


まずは、Firefoxを手動で最新版かどうか確認し更新しましょう。

Firefox を起動します。

② [ヘルプ] メニューから [Firefoxについて] をクリックします。

[ヘルプ] メニューが表示されていない場合は Alt キーと H キーを同時に押すと、[ヘルプ] メニューが表示されます。

③自動でアップデートの確認が始まり、最新版になります。

f:id:yougo-school:20161225185806j:plain

 次に、自動更新の設定になっているかどうか確認しましょう。

① [ツール] メニューから [オプション] をクリックします。

② [詳細] から [更新]タブ をクリックします。

③”更新を自動的にインストールする”が選択されていることを確認します。選択されていなければ選択します。

 

f:id:yougo-school:20161225185831j:plain

もし、Firefoxが、数年前などかなり古いバージョンの場合は、以下で最新版を入手してインストールしてください。

Firefoxブラウザ:ダウンロード
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/