読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアも楽しむ ITライフ

シニアこそ “ネット” を活用し生活を楽しみましょう!

ITの進歩は速く、シニア・シルバー世代は苦手と言われます。しかし、シニアになった今、 「シニア・シルバー世代こそ、田舎生活ほど、ITって役立つのではないか」 最近、つくづく思います。このブログは、シニアになってもインターネットを楽しんでいる”ガンコ親父”の日記ブログです。

東京都制作の「東京防災」が無料配布中、マンガが多く読みやすい防災対策

「東京防災」は、東京都が都民のために制作した書籍で、イラストを多く使用した分かりやすい内容が好評で、都内の書店で市販されるや、売り切れが続出する人気書籍です。

なお、2016.4.17現在、以下で「東京防災」が無料配布中です。

「東京防災」を少し読んでみましたが、マンガが多く、とても読みやすい内容で、次々に読みたくなるマニュアルです。

個人的には、「東京防災|Yahoo!ブックストア」が、目次も使いやすく、自動ページめくりもあり、読みやすかったですね。


無料配布版の「東京防災」

 

■東京防災|東京都防災ホームページ
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/

(注)東京都防災ホームページでみる東京防災の本です。


■東京防災|Yahoo!ブックストア
http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-597227/

(注)Yahoo! JAPAN IDを持っていれば読むことができます。Yahoo!ブックストアで読む東京防災は、なかなか読みやすいですね。


■東京防災|Kindle
http://www.amazon.co.jp/dp/B01DJ6KDUS

(注)Kindle端末を持っている方。なお、パソコンでKindle端末を持っていない場合でも、Kindleアプリを利用することで、Windows PC、Macをはじめ、各種スマートフォンおよびタブレットで利用できる。


■東京防災|iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/dong-jing-fang-zai/id1097517786?l=en&mt=11

(注)iBooks 3.1以降とiOS 6.1以降を搭載したiOSデバイス、または、iBooks 1.0以降とOS X 10.9以降を搭載したMacが必要。


■東京防災(PDF)|東京都防災ホームページ
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/08/20p8l300.htm

(注)細かく複数のPDFに分かれているので、読み続けるためには、何度もダウンロードする必要があります。


内容としては、地震に対する防災解説が主となっていますが、その他にも、大雨・暴風、集中豪雨、土砂災害、落雷、竜巻、大雪、感染症、テロ・武力攻撃など、現代の世に潜むさまざまな災害対策について解説してあります。



■ 「東京防災」とは 主に5つの章で構成

「東京防災」は主に5つの章で構成されていて、メモ欄を含め323ページもありますが、とにかく、面白くてどんどん読み進める内容になっています。

01 大震災シミュレーション
02 今やろう 防災アクション
03 そのほかの災害と対策
04 もしもマニュアル
05 知っておきたい災害知識

なお、「01 大震災シミュレーション」、「03 そのほかの災害と対策」には以下が記載されていますが、これだけでも大変役にたちました。

■01 大震災シミュレーション

 地震発生
  地震発生その瞬間・・・P016

 発災直後
  発災直後の行動・・・P018
  自宅に潜む危機・・・P020
  外出先に潜む危機・・・P026
  発災時のNG行動・・・P038

 避難
  避難の流れ・・・P040
  避難の判断・・・P042
  避難するときの注意点・・・P046
  安全避難チェックポイント・・・P048
  助け合う・・・P052

 避難生活
  在宅避難・・・P.054
  避難所・・・P.056
  避難所生活の心得・・・P.058
  避難所生活での留意点・・・P.060
  要配慮者への思いやり・・・P.066

 生活再建
  日常生活に向けて・・・P068
  生活再建に踏み出す・・・P070

■03 そのほかの災害と対策

  大雨・暴風  ・・・P.144
  大雪     ・・・P.158
  火山噴火   ・・・P.160
  竜巻     ・・・P.156
  集中豪雨   ・・・P.150
  落雷     ・・・P.154
  土砂災害   ・・・P.152
  テロ・武力攻撃・・・P.164
  感染症    ・・・P.168


また、「04 もしもマニュアル」には、避難時のトイレの使い方などがあり、漫画で非常に分かりやすく紹介され、勉強になりました。

もしも災害が発生したとき、水・ガス・電気はすべてストップし、日常生活で必要な物はほとんど手に入らない状況になります。

そんなときは、3日~1週間は、限られた物資で生活しなければなりませんが、ここでは、災害発生時に役立つ、さまざまな「知恵」や「工夫」が集められています。


■04 もしもマニュアル

  緊急・・・P.176
  生活・・・P.206
  衛生・・・P.198
  連絡・・・P.226