読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアも楽しむ ITライフ

シニアこそ “ネット” を活用し生活を楽しみましょう!

ITの進歩は速く、シニア・シルバー世代は苦手と言われます。しかし、シニアになった今、 「シニア・シルバー世代こそ、田舎生活ほど、ITって役立つのではないか」 最近、つくづく思います。このブログは、シニアになってもインターネットを楽しんでいる”ガンコ親父”の日記ブログです。

無料で大容量、便利なWebメールとは? お勧めのWebメールサービスも紹介

Gmailなどの、Webブラウザで使える無料の「Webメール」、パソコンばかりでなくスマホでも使え、無料で大容量、迷惑メール防止機能もついて本当に便利です。

 

私は、今はメールは、GmailOutlook.com、Yahoo!メールのWebメールが中心、プロバイダーのメールは、ほとんど使っていません。

 

今回は、この”Webメール”について これまでの数年の利用した経験から、その特徴、使用時の注意事項、代表的な”Webメール”について紹介します。

 

Webメールは、パソコンのメールソフトと同等の機能・操作性を持ち、無料で使えるメールサイズも10GB以上と大容量、迷惑メールの自動判断、セキュリティ対策も進んでいます。使うには充分すぎる機能です。

 

しかし、Webメールは全てのメールをインターネットの中のコンピュータに保存するので、信頼のおけるメーカー提供のWebメールを使うことが大事です。私が数年使ってきて、安心して使えるのは、やはり、以下の代表的なWebメールです。

  Google提供    ・・・「Gmail
  マイクロソフト提供・・・「Outlook.com」
  Yahoo!提供    ・・・「Yahoo!メール」
  

この”Webメール”とは、簡単にいうと、

 

「メールデータ・アドレス帳がインターネットの中に保管される、ブラウザで使うメール」

  ①ユーザ登録するだけで、”無料”で利用することができる

  ②ブラウザから、特定の(Webメール)ホームページにログインして使う

  ③メールデータ・アドレス帳の保管は、インターネットのコンピュータの中

  ④パソコンに加え、スマホ・携帯電話からでも使える

  ⑤迷惑メールも自動判断して排除する

  ⑥ウイルス駆除まで実施してくれる、Webメールサービスもある

 

Webメール”、次々と機能アップがされ、無料で使えるメール容量も数GBと大きく、迷惑メール対策も備え、スマホ・携帯からでも利用できるなど、使い勝手も大幅に改善されています。

 

Webメールは、パソコン、スマホなど複数デバイスで同じメールを利用することが可能で、これが、これまでのプロバイダーとは大きな違いですね。Webメールを簡単に図で表現しました。

 

f:id:yougo-school:20150830100821j:plain



■ ”Webメール”使用時の注意事項

 

Webメール”を使う場合に、私が注意している事項を以下に紹介します。


(1) 急にサービスが中止になる場合があるため、出来るだけ多くの人が利用し、評判の良い大手提供のサービスを使用することが大事ですね。Gmail」、「Outlook.com」、 Yahoo!メールであれば、安心して利用できます。

 

(2) メール内容は、インターネットのサーバに残るので、クレジットカード番号などの重要な個人情報のメールのやり取りは避けたほうがよいです。

 

(3) 迷惑メールは自動的に判別してくれるますが、時々、間違って迷惑メールと判断される場合があります。迷惑フォルダーを時々確認することも大事です。

*来るはずのメールが、なかなか来ずに困ったことがあり、しばらくして確認したら、迷惑フォルダーにあったことも、しばしばあります。


(4) メインのメールアドレス以外に、別名(メールエイリアス)が使用できます。インターネット・サービスなどに一時的に使う場合は、エイリアスのメールアドレスを使うと便利です。

 

(5) 数カ月連続して利用しないと、メールデータ、アドレス帳が削除されます、注意下さい。

 

(6) 完璧なWebサービスはありません、利用できないトラブルが発生し利用できない場合を予想し、複数の”Webメール”サービスを利用しましょう。

 

(7) 共用のパソコンでは利用しないことも、セキュリティ上、大事です。ブラウザの履歴から他人に使われる可能性があります。

 



■ 代表的な”Webメール” 「Gmail」、「Outlook.com」、Yahoo!メール

 

これらは、私が数年使ってみて、お勧めの無料のWebメールサービスです。

いずれも大手の企業の提供で、継続的に機能アップが実施されており、安心して利用できます。また、スマホのアプリも操作性も良く、安定して利用できます。

 

なお、Webメールを使うには、該当のホームページで登録し、アカウント(ユーザID)を入手し利用します(無料)。

 

個人的には、メール表示、検索などの動作が早く、表示も見やすい、Gmailがお勧めですね。なお、Android(アンドロイド)スマホを持っている人には、Gmailは必須なアプリだと思います。

 

(1) Gmail  :検索エンジンGoogleの無料Webメール

   http://www.google.com/intl/ja/mail/help/about.html


(2) Outlook.com (旧)Windows Live Hotmail :Microsiftの無料Webメール

   http://www.microsoft.com/ja-jp/outlook-com/

 

(3) Yahoo!メール :検索エンジンYahoo!の無料Webメール

   http://promo.mail.yahoo.co.jp/


また、上記サービスのメール容量も、(2015年3月時点で)以下のように大きいため、長期間、不自由なく利用することができます。


 Gmailが15GB(GmailGoogle ドライブGoogle+ フォトの合計)

 Outlook.comは実質上、無制限(必要に応じて自動追加)

 Yahoo!メールが10GB


参考:

Gmail では、メールを受信したときだけでなく、メールを開くたびに自動的に添付ファイルでウィルスがスキャンされます。また、送信する添付ファイルでもウィルスがスキャンされます。これにより、Gmail ユーザー全員が保護され、ウィルス感染の拡大を防ぐことができます。

 添付ファイルのウィルス スキャン - Gmail ヘルプ
 https://support.google.com/mail/answer/25760?hl=ja



■ 《補足》メールエイリアス(別名)を使おう

 

Webメールにある機能で、便利なのが「メールエイリアス」、エイリアスは別名を意味します。ひとつのアカウントで、複数のメールアドレスを持つことができる機能です。

複数のメールアドレスを持つことで、通常はメインのメールアドレスを使い、インターネット・サービスなどに一時的に使う場合は、エイリアスのメールアドレスを使うと便利です。

 

なお、Gmailエイリアスは元のメールアドレスが分かるので、Outlook.com、 Yahoo!メールの方が使い勝手は良いですね。


Gmailの場合

Gmailで取得したメールアドレスが username@gmail.com だった場合、username の後に「+」を付けた上で任意の文字列を追加して使用することができます。「+」の後は任意の文字列をつけることができますので、事実上無制限に別のアドレスを作成できることになります。


outlook.comの場合

作成できる新しいエイリアスは、1年間に10個まで、全体で最大10 個です。1つのエイリアスを削除すると、全体数からは差し引かれますが、年間の制限数からは差し引かれません。

 

 詳しくは下記を参照下さい。
 http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/outlook/add-alias-account

 

■Yahoo!メールの場合(セーフティーアドレス)

作成できる新しいエイリアス(セーフティーアドレス)は、同時に最大10個、Yahoo! BB会員、セキュリティーパック購入者の場合は最大30個まで設定できます。なお、最大個数を超えなければ、追加や削除の回数は無制限です。

 

 詳しくは下記を参照下さい。
 http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/a_id/47930/p/622