読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアも楽しむ ITライフ

シニアこそ “ネット” を活用し生活を楽しみましょう!

ITの進歩は速く、シニア・シルバー世代は苦手と言われます。しかし、シニアになった今、 「シニア・シルバー世代こそ、田舎生活ほど、ITって役立つのではないか」 最近、つくづく思います。このブログは、シニアになってもインターネットを楽しんでいる”ガンコ親父”の日記ブログです。

Officeで使えるフリーの画像をインターネットで簡単に検索する方法

マイクロソフトがWebサイト「Office.com」で無償公開してきた画像素材「クリップアート」の提供を打ち切り、2015年2月以降、利用できません。

 

この件、マイクロソフトからは、ほとんど情報がなかったので、ショックな人も多かったと思います(私もショックを受けた一人です)。

 

例えば、Office2013の場合、オンライン画像の挿入は“Office.com クリップ アート”が消え、“Bingイメージ検索”のみです。

しかし、”Bingイメージ検索”で見つけたものは、画像を一つずつ、自由に使える画像かどうか確認する必要があり、めんどうです。

 

そこで、Officeで使えるフリーの画像を簡単に見つける方法が、以下のマイクロソフトのサイトで紹介されていましたので、今回、この情報を参考に、詳しく紹介します。今回の方法だと、自由に使える画像をたくさん見つけることが可能です。

 画像やクリップ アートをオンラインで探す
 https://goo.gl/HYc1y6

 

なお、詳しい内容を画像付きで、以下のブログで公開しています。よければ、参考にして下さい。

 インターネット安全活用 一灯塾
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2015/07/office.html


(注)個人的、家庭内などの限られた範囲(私的使用)であれば、どのような画像でも利用できるので、今回の方法でなくても、”Bingイメージ検索”で見つけた画像は、なんでも利用できます。

但し、ブログ・SNSなどでインターネットに公開する場合、会社などの仕事で利用する場合は、著作権上、使用しても問題のないフリーの画像を使う必要があります。


■ ”Office.com”の「クリップアート」終了の影響

 

[Office2010の場合]

コンピュータ内に保存されたクリップアートは継続して利用可能です。ただし、種類が少ない。

(注)“Office.comでさらに探す”をクリックしてもBing検索の説明のホームページを表示

 

[Office2013の場合]

オンライン画像の挿入 “Office.com クリップ アート”が消え、“Bing検索”のみ。
(注)コンピュータ内に保存されたクリップアートは無い。


*以下の説明では、説明の都合上、“Bing”を”bing”と記述しています。ご了解下さい。


■ フリーの画像を検索エンジン「bing」で検索する方法

 

1. 英語版「bing.com」 にアクセス、画面の左上にある [画像] タブをクリック

   bing http://www.bing.com/

  *ライセンス機能は、英語版の bing でのみ利用できます。

 

2.  [検索] ボックスに、探している画像の名前を入力します。

 * 検索語を英文にすると多くの画像が表示されます。

 

3.  [種類] フィルター、[ライセンス] フィルターを設定

 ①[種類(Type)] フィルターで“Clipart”を選択

 ②[ライセンス(License)] フィルターでライセンス条件を選択

  ライセンス条件として様々ありますが、以下が良いです。
  
  ・Free to modify, share, and use”
    [無料で変更、共有、および使用]:

  個人用で変更、共有、および使用できます。
  商用目的での利用は許可されていない場合があります。

 ・“Free to modify, share, and use commercially”
    [無料で変更および共有、商業目的で使用]:

  個人用または商用目的で、変更、共有、使用できます。


4. 画像をパソコンに保存(ダウンロード)

 ①必要な画像の所をクリック
   *ここで画像を右クリックしてメニュー表示し、保存してもOK

 ②画像が大きく表示されるので、画像の所で右クリック。
  “名前を付けて画像を保存”を選択して、パソコンに保存


5. 保存した画像をOfficeに貼り付け

 ①「挿入」タブの画像をクリック
 ②保存した画像をクリック
 ③「挿入」をクリック